専業主婦が三井住友銀行カードローンの審査を受けるときの注意点

4976

専業主婦でも申込みできるカードローンはありますが、申込み可能かどうかは金融業者により異なるというところです。

大手消費者金融業者の場合には、ほとんど申し込みを受け付けていませんが、中小の消費者金融業者の中には、総量規制対象外の配偶者特別貸付制度を利用して契約できるところもあります

銀行の場合には、これも銀行により異なりますが、申込み可能な場合でも利用限度額は30~50万円に制限されているところが多いようです。従って、専業主婦でカードローンを検討する際には、申し込みを受け付けているかどうかを事前に確認する必要があります。

三井住友銀行カードローンの場合はどうでしょうか。他のメガバンク系は、専業主婦の申し込みを受け付けていますが、実は、三井住友銀行カードローンの場合には、専業主婦の申込みを現時点では受付けていません。

三井住友銀行カードローンの申込み条件には、安定した収入のある方となっており、主婦でもパートやアルバイトなどで収入があるケースでは申し込みを受けつけているのですが、収入のない専業主婦の場合は受付けていません。

三井住友銀行カードローンの保証会社は、グループ子会社のプロミスであり、審査等もプロミスが行っています

大手消費者金融業者でもあるプロミス自体も専業主婦の申し込みを受け付けていまでんので、三井住友銀行グループとして収入がないケースでは申し込みを受け付けていないということになっています。

ちなみにプロミスでは収入のない専業主婦の融資は厳しいですが、パート・アルバイトなどで定期的な収入があれば以下のように申し込みが可能です。

プロミスレディースキャッシング審査の難易度とは

一般的に消費者金融でお金を借りるのは男性のイメージが強く、女性にとっては利用しにくい状態です。しかし、女性もお金を必要とする場面が多々ありますので、消費者金融から借りたいと願う人は多くいます。

プロミスであればレディース向けのキャッシングサービスがありますから、女性でも借りやすくなっています。積極的に申し込んでみましょう。

レディース向けのサービスを選ぶと、女性に優しく審査の難易度も低いのではと期待を寄せるところですが、一般的なプロミスのキャッシングサービスと難易度の違いは見られません

普通の基準で審査を受けますので、油断しないように注意してください。レディース向けでも、専業主婦では受け付けてもらえません。必ず本人に収入があることが条件です。

プロミスのレディース向けの商品の強みは、女性オペレーターの対応を受けられる部分です。男性オペレーターだと不安になる、恐怖を感じるといった女性でも、相手が同性であれば安心して相談することができます。

申し込みや契約内容の問い合わせの他、期日までに返済ができなかった場合の相談など、何でも尋ねることができます。問題を解決するためにも、速やかに女性オペレーターが対応する専用ダイヤルに連絡してみましょう。

プロミスのレディース向けのキャッシングサービスはインターネット、もしくは電話で申し込むことができます。最短30分で知らせてくれるほど、審査がスピーディーなのが便利です。