18歳バイトが自動車学校へ行くために25万円銀行から借り入れできる?

6c403d4ebd28c027d539d1c83d789c10_s

18歳の人がカードローンを利用する為には、最低条件として「18歳以上から利用出来るカードローンに申し込む」と言うことが必要です。

カードローンによっては18歳でも申し込めるものがありますが、多くは20歳以上からの申し込みと言うルールを定めているので注意しましょう。

もし、18歳以上から申込みが可能なカードローンであれば、アルバイトやパートでも十分に借り入れ出来る可能性があります。もちろん審査をパスできるかどうかによって結果が変わってしまいますが、特に大きな問題(収入が少ない・過去に金融事故を起こしている)が無ければ可能性は十分にあります。

銀行や消費者金融など、借り入れ先候補となるサービスは様々なものがあります。ただ、借り入れ後の環境を少しでも良くしたいのであれば、「金利が低く高額融資の可能性も高い」という理由で銀行系の方がおすすめです。

25万円の借り入れをするためには、消費者金融系では約80万円以上の年収が必須です。おおむね100万円の収入(年収)があって初めて実現できる金額と言えるため、アルバイトでは難しいことも多くなります。

これは「総量規制」の影響によるものですが、総量規制は消費者金融系にのみ影響する規制なため規制対象外の場合は100万円の年収が無くとも借入が出来る可能性があります。

通常、銀行系は審査が厳しめですが、使途が「自動車学校へ通うため」であれば、必要性が高いお金であると言う判断を得られる可能性も高くなります。

100万円借り入れをする方法は?手数料は?

100万円を用途不問のローンで借り入れするなら、選択肢は多目的ローンになります。一般的にカードを使用して借りるキャッシングとカードローンが人気ですが、カードの発行がされないローンもあります。

例えばフリーローンと一部のキャッシングはカードが発行されず、窓口や振込によって融資を受けるのです。ただ、最初から100万円を借り入れするのはハードルが高く、50万円以下からスタートすることも少なくありません。

100万円の借り入れにおいて発生する手数料は利息であり、実質年率は15%からスタートすることが多いです。1ヶ月あたり1.25%が元金に対して付与されるので、100万円の借り入れなら1ヶ月あたり12,500円の利息がつくと考えていいでしょう。

12,500円の返済をするだけでは利息ですべて相殺されるので、元金はまったく減りません。元金を減らすためには、2~3万円の返済は必要となるでしょう。

最近はリボ返済のローンが増えており、月々の返済を抑えられることで人気になっています。はじめてローンを利用する方にとっては理想的な返済方法に思えるでしょうが、利息が一番大きくなりやすい返済方法でもあります。

ただ、100万円といったまとまった借り入れにおいては一括返済は厳しいため、必然的にリボや分割払いになるはずです。手数料を少しでも抑えるために、繰り上げ返済をして元金を減らしていきましょう。

借金を減らすためには、いくら元金を減らしていくかが大切なのです。