高齢者のキャッシング

悩む

高齢化社会が進み、元気なお年寄りも多くいらっしゃいます。年金を受け取る年代になっても、元気に働いている方も、たくさんいらっしゃいます。

このような状況で、高齢者の方でも、ときとしてまとまったお金が必要になることもあるでしょう。はたして、年金受給者の方はキャッシングが利用できるのでしょうか

年金受給者の方のキャッシング利用で、一番大きな問題が「年齢」です。多くのキャッシング会社は、申込条件に年齢上限を設けています

一般的に多いのが「69歳以下」という条件のもので、この場合には70歳以上では申込ができないことになります。金利が低い銀行系キャッシングでは「65歳」を上限としている先が多くなっています。

この年齢になってしまうと、既に利用している方でも、追加の借入ができなくなってしまいます。

その理由は、高齢者のリスクです。残念ながら、高齢者には常に「亡くなる」というリスクがあるのです。借入を残したまま亡くなってしまうと、後の手続きが非常に問題となります。

借入も相続の対象となりますので、複雑な相続問題を解決しなくてはいけません。手続きには、膨大な時間と手間を要し、その間は返済がストップしてしまうことになるのです。そのために、キャッシングでは高齢者の利用に年齢制限を設けています。

年齢条件をクリア―しておけば、後は収入の問題となります。年金以外に安定した収入があると認められると、利用可能となるでしょう。

通常は、年金収入だけでは「安定した収入」とは認められない場合が多くなっています。また、仮に借入できたとしても、その限度額はそれほど多くはないでしょう。

年金は、高齢者にとっての大切な生活原資です。年金をあてにした借入は避けるべきではないでしょうか。

低金利で安心できるフリーローン・目的型ローンの特徴

フリーローンと一言で言っても、無担保型のローンと担保があるローンでは全く意味が異なります。

フリーローンの中でも、無担保型のフリーローンとしてサービスを提供している場合には、融資の限度額に制限が存在するケースが大半です。これは、無担保で融資を提供するときには融資の契約の安全上で、多くの金額を融資することができないようになっているからです。

そのため、フリーローンであっても無担保型の場合には融資の限度額の範囲内でお金を使うことになります。ただ、少額融資に限定されるわけですから消費者もお金を貸す金融機関も安心してお金を貸すことができるメリットがあります。

また、無担保型の有志では低金利が約束されているのでこの点も安心です。無担保で少額融資のフリーローンでは、利息の法律の適用がありますので、その範囲を上限として安全にお金を借りることが可能です。

必要以上の金利を設定できないので、自然と利息分も小さくなり安心なのです。

一方で、目的別に担保が必要になっているローンに関しては、低金利ではあるけれど融資の金額は大きくなる傾向にあります。

目的別のフリーローンでは、カードを発行してその中で自由にお金を使うことができるようになっているサービスも存在し、このケースでは本人の年収や勤務状況によって利用できる金額の範囲に違いが出て来ます。

金額が大きくなる場合は、その金額の大きさに反比例して低金利になるなどの安心設計になっているため、安全に利用できます。